スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    web拍手 by FC2
    • -
    • -
    • -

    これ以上沈んでいかないように

    0

      心の中に思い浮かべて
      楽しい気持ちを思い出すの

      辛い時 苦しい時
      嫌な感情を追い出すために

      どうしてこの世界はこんなにも醜いんだろう
      気がつけばいつだって苦しくてもがいてる
      酸素が足りなくて息を吸い続けてる

      濁った感情を体の外に吐き出したいけれど
      これ以上この世界を汚したくなくて
      結局躰の中に澱みは溜まっていく

      そんな時は思い出すの
      過去の記憶 幸せだったあの日を

      ぼんやり掠れたパステルの色
      淡い色合い涙で滲んだ一枚の写真

      来るかもしれない希望の未来
      そっと思い描いて夢を見る

      明日 きっと明日は素敵な日になる
      昨日 ずっと前の懐かしい思い出

      心を誤魔化して自分をなだめて
      闇に染まらないようにもがいてもがいて
      これ以上沈んでいかないように

      JUGEMテーマ:
      web拍手 by FC2

      ごろごろがらん

      0

        ごろごろがらん
        どんがらがっしゃん

        どんどんばんばん
        ぐらぐらぐらぐら

        鬼が来た
        鬼が来たよ
        怖い鬼が やってきた

        ざあざあふる雨は
        いつまでたっても止まない

        ごろごろがらん
        どんがらがっしゃん

        くわばらくわばら
        さわらぬかみにたたりなし

        どこからやってくるんだろう
        いつだって鬼はとつぜん
        家の中に入ってくるんだ

        かくせ かくせ
        おへそをかくせ

        にげろ にげろ
        鬼からにげろ

        やさしいママはどこにいった?
        たよりになるパパもさがさなきゃ!

        ごろごろがらん
        ごろごろがらん
        がらがらがら
        ぼんぼこぼん

        みみにひびく雷のこえ
        鬼が来た 鬼が来た

        おしいれのなかかくれよう
        みつからないように きをつけて
        鬼が去るときを
        静かにまつんだ

        がらがらごろごろ
        どろどろばっしゃーん!

        JUGEMテーマ:
        web拍手 by FC2

        その小さな手が大きくなる日を

        0

          指を掴んで離さない
          その小さな小さな手

          あなたのその小さな紅葉が
          いつの間にか いつの間にか 大きくなって
          私の手を包んでくれる
          そんな日が待ち遠しいのです

          ふにふにのほっぺ
          かすかに香るミルクのにおい
          好奇心いっぱいの瞳で
          私を見つめている

          どんなことを考えているの
          何を思っているの
          私に伝えたいことはあるの
          あなたのその口で教えて欲しい

          あと
          何秒
          何分
          何時間
          何日
          何週間
          何ヶ月
          何年
          経てば
          「愛してる」と言ってくれる?

          無垢な瞳はそのままで
          成長したあなたが私を受け入れて
          一生を共に歩んでくれる日が
          私は待ち遠しくてたまらない

          その日を楽しみに今はさよならを言おう
          小さな手が大きくなる日を私はずっと待っている
          JUGEMテーマ:
          web拍手 by FC2

          ため息を一つつくたびに

          0

            ため息を一つつくたびに
            躰の中に淀んでいる
            汚い感情とか嫌な思い出が
            吐き出せてしまえたらいいのに

            ふとしたことで思い出してしまう
            色あせたあの日の記憶
            けして誰にも言えない
            嫉妬心や罵倒の言葉

            自分でもどうしたらいいか分からないから
            ただ溜め込んで目を逸らしているだけなの

            そんな自分に嫌気が差して
            ふうと出てしまったため息に
            醜い何かが含まれていて
            空の彼方に消えてしまえばいいんだ

            蓄積することだけが大事じゃない
            なかったことにしたいことが沢山ある
            思い出も記憶も感情も人格も
            残したいものだけ選べればいいのに

            そうしたらもう少しだけ
            この世界が生きやすくなるのにな

            JUGEMテーマ:
            web拍手 by FC2

            無音状態の部屋の中

            0

              無音状態の部屋の中
              ううん、ここは外かもしれない

              両手を耳にあてているから
              きっと聞こえないんだろう

              何も見えない闇の中
              ううん、きっと目が見えないの

              誰かが後ろから目隠ししてるから
              きっと真っ暗なんだろう

              手探りであなたを探して
              這いつくばって出口を探して
              見えないはずの空を見上げてる
              そんな昨日までの私

              全ての感覚を遮断されて
              考えることすら許されないのなら
              それはもう生きているって言えるのかな?

              今生の苦しみに絶望して
              それでもなお生きなくちゃいけないのなら
              生きているような死んでいるような
              そんな状態になってしまいたい

              私が私でなくなるように
              私が全てを忘れるように

              眠ることすら辛いのだから
              なかったことに知らないことにありえないように

              JUGEMテーマ:
              web拍手 by FC2

              ひっくり返した砂時計

              0

                結局のところ何も分からないし
                何も変わっていない

                ただ時間だけが過ぎていく
                とてもとても無駄な一分一秒
                貴重なはずの時間をただただ無為に消費して

                三分間の砂時計
                何度も何度もひっくり返して
                砂がこぼれ落ちていく様子を眺めてる

                とろとろとした意識は泥のよう
                だらだらと過ごした日々は日めくりカレンダー
                まどろみの中でずっと後悔している

                例え時間を巻き戻したところで
                結局同じここに戻ってきてしまいそうだし
                そもそもタイム・トラベルなんてただの幻想

                ただ無駄に生を消費するだけの人生
                口の中から魂を吐いている気がする
                情熱の炎がちりちりと心を灼いていく

                結局のところ何も分からないし
                何も変わっていない

                何のためにここにいるのとか
                何をしたいのかとか何が違うのかとか
                僕の瞳は曇ったまま真実を映さない

                ひっくり返した砂時計
                生命の欠片をただ消費していく
                積もり積もったそれらはゴミの山になる

                JUGEMテーマ:
                web拍手 by FC2

                いつの間にか

                0

                  いつの間にか寒いの、とても
                  躰が冷えて、震えて
                  青い唇からは、白い息

                  いつの間にか這いよった、孤独
                  暗闇の中、閉じ込められた

                  熱い心、失った夜
                  戸惑った瞳、彷徨った愛
                  消えてしまった、私というもの

                  いつの間にか寒いの、とても
                  空っぽになった、私の中
                  ぽっかりとと空いた、空洞

                  小さな隙間から、染みるように
                  細胞の一つひとつから、変化するように
                  いつの間にか、気付かぬうちに

                  孤独の中で、震えてる
                  青白い頬を伝う、凍った涙
                  熱き血潮は、闇の中

                  JUGEMテーマ:
                  web拍手 by FC2

                  世界の大きさをこの身に受け止めるために

                  0

                    世界の大きさをこの身に受け止めるために
                    人が作り上げた矮小な街並みを意図的に排除して
                    溶けていくような藍色の空を見上げる
                    そうすればほら忘れていた涙が溢れ落ちる

                    深い緑の山々に縁取られた夜空は
                    どんな画家が描いた絵よりも美しい
                    毎分毎秒色を変え表情を変え
                    何を私に語りかけてくるのだ

                    世界の小ささをこの身に覚えさせるために
                    人の気配がする地上を意図的に消去して
                    色鮮やかな橙色の空を見上げる
                    そうすればほら何もかもを忘れられる

                    白い雲が演出する朝焼けというショーを
                    体全体で感じれば自分自身も同化出来る
                    堕落した人の身でありながらも
                    自然と共に生きることが出来るのだ

                    世界の大きさをこの身で受け止めるために
                    瞳を閉じ耳を塞ぎ人との繋がりを排除して
                    深い蒼色をした大海原に躰を投げ出せば
                    そうすればほら何もかも受け入れられる

                    JUGEMテーマ:
                    web拍手 by FC2

                    可愛いあたしの子猫

                    0

                      子猫を飼いたいな、って思うの
                      可愛い可愛い子猫
                      生まれたばかりで何も出来ない猫の赤ちゃん

                      柄は何がいいと思う?
                      真っ黒真っ白三毛猫にブチ
                      きっとどんな柄でも可愛いと思うわ

                      みゃあみゃあ泣いてお母さんを探してる
                      怯えさせないようにそっと抱き上げて頬ずりしたい
                      あたしが今日からあなたのママになる

                      小さくて儚くて頼りない
                      そんな君があたしを助けてくれる

                      コンクリートの世界でたった一つ
                      暖かくて柔らかくて確かに生きているもの
                      可愛い可愛いあたしの子猫

                      鋭い爪で手の平を引っ掻いて
                      沢山の牙で指を噛んで
                      あたしの赤い血を流させて

                      生きているって実感できる
                      生きていなくちゃって心底思える
                      そんなこことあたしの繋ぐ鎖に
                      君がなってくれたら嬉しいわ

                      可愛い可愛いあたしの子猫
                      君が死ぬときはあたしも死のう

                      体中にいっぱい傷をつけて
                      君が生きていた証を刻みつけて

                      滑らかな毛皮を撫でたらきっと
                      あたしはゆっくり眠れるだろう

                      JUGEMテーマ:
                      web拍手 by FC2

                      「ちゃんとしなさい」

                      0

                        「ちゃんとしなさい」「ちゃんとしなさい」って言うけれど
                        「ちゃんとする」ってどういうことなの

                        私だって本当は「ちゃんと」「したい」
                        だけどどうしたらいいのか分からないの

                        軽い口調で言うけれど
                        それがどういう意味なのか本当にわかってる?
                        自分も知らないことを押し付けてない?

                        世間一般の人と同じようにすればいいの?
                        それなら平均点以上をけして求めないで
                        普通でいることに感謝してよね

                        私に「ちゃんとしなさい」って言うのなら
                        そっちだって同じように「ちゃんとして」よね!
                        私にはどうすればそうなるのか分からないけれど

                        もっと優しくもっと細かくもっと素敵に
                        きっとそれが「ちゃんとする」ってことだと思うから
                        私が満足するまでやり直してよ

                        「ちゃんとしなさい」「ちゃんとしなさい」
                        お小言はもう聞き飽きたから
                        伝えたいことは言葉を惜しまず全部言ってよ

                        「ちゃんとしなさい」なんて言葉でおざなりに片付けないで

                        JUGEMテーマ:

                        web拍手 by FC2