スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    web拍手 by FC2
    • -
    • -
    • -

    それは突然の解放

    0

      それは突然の解放

      髪を掴まれ後ろに引かれ
      曝け出された白い首
      銀の刃物が作り出す
      何よりも赤い線

      体の下に出来た血溜まりは
      この醜い私を受け止めてくれる
      唯一の棺となるだろう

      野ざらしのまま
      鳥が啄むこともない
      そのまま醜く朽ち果てる

      願わくばその銀の刃で
      私の目玉を抉り取って欲しい
      もう何も見たくたい
      例え死んだ後であろうとも

      地獄の業火に焼かれれば
      何も考えずにすむだろうか
      千の針に貫かれば
      何も知らずにいられるだろうか

      足首に絡みつく熱い手
      引き倒される醜い私
      うるさく鳴る心の臓に
      その銀の刃を突き立てて

      君は泣くだろうか
      君は後悔するだろうか
      君は喜ぶだろうか
      君は忘れてしまうだろうか

      もう体は動かないけれど
      本当は君にお礼を言いたかった
      この苦しみの生からの解放を
      血に塗れた唇で伝えたかった

      JUGEMテーマ:
      web拍手 by FC2

      深層心理、隠す日々

      0

        誰かに押し付ければ楽になるのなら
        きっと私いくらでも押し付けている
        だけどそうはならないの
        だって私の心の中に問題があるから

        あなたのせいで、あのときのことが
        恨み事なら沢山溢れてくるけれど
        それを表に出した所できっと
        何も変わらない何も、そう何もかも全部

        誰かにぶつけたことでせめて
        私の心が救われるのならまだしも
        きっと言わなければよかったという
        後悔だけが私の心に残るはず

        一人で闇を抱えて生きていくしかない
        私には救われる術など何もない
        もう散々足掻いてきたのだからよく分かる
        結局は自分の心の傷を手当出来ないのだから

        これからもずっと私は一人で
        過去に対する人に対する自分に対する恨み言を
        けして漏らさぬようけして悟られぬよう
        隠して誤魔化して知らないふりをして生きていく

        そうでもしなければとても生きられない

        JUGEMテーマ:
        web拍手 by FC2

        愛の言葉紡ぐ唇

        0

          不意に貰ったそれは
          知らない人から見ればきっと
          小さな小さなプレゼント

          価値はなく
          陳腐で安っぽく
          記憶に残らないような
          そんなモノ

          だけど私には
          かけがえのない宝物で
          何度も何度も箱から出して
          眺めていたくなる

          箱を開ける度
          空気に触れて
          脆く崩れていくけれど
          仕舞ったままではいられない

          何度も何度も
          私に囁く言葉は
          何者にも代えがたい金言で
          琴線を揺さぶるオルゴール

          愛の言葉を呟くために
          私の唇はあると知った
          例え陳腐でも安っぽくても
          誰かの心を震わすのなら
          私は何度でも歌うわ

          心の中の宝箱
          そっと開けて聴いて
          私もあの人と同じように
          誰かに愛を伝えたい

          JUGEMテーマ:コトノハ
          web拍手 by FC2

          消去

          0

            死んでしまえばいいと
            死ねば全て終わると
            今でもずっとそう思ってるのに
            どうして私は
            死ねないのだろう

            銀色に光る刃を振り上げ
            眼下に広がる夜景を見下ろし
            目の前にぶら下がる輪を見つめ
            鉛の塊を頭に突きつけて

            あと少し、勇気があれば?
            あと少し、絶望があれば?
            引き金を引けたのだろうか

            私を引き止めているものはなに
            私の未練はなに
            誰かが後ろで捕まえているの?

            振り返ったとしても
            そこには誰もおらず
            私のことを引き止めてくれるような人がいれば
            こんな選択をすることもないと思い出す

            結局は自分に意気地がないからで
            結局はどこか希望を持ってるからで
            でもそんな私だからこそ
            死にたくてたまらなくなる

            こんなにも醜い私は死ぬべきだ
            刃物を握り
            柵を乗り越え
            台を蹴り
            引き金を引く

            最初から無かったかの如く
            私の存在を消去する

            JUGEMテーマ:コトノハ
            web拍手 by FC2

            夢見るとき

            0

              夢見るとき
              甘いため息

              ほっとそっと頬を撫でる
              あなたのやさしい手

              さらさらと
              髪が滑り落ちて
              香る金木犀

              扉の向こう
              オレンジ色の光
              窓から差し込む
              希望の光

              愛という陳腐なものに
              心揺さぶられる

              このまままどろみのなか
              目を覚まさずに夢見ていて

              透明な影
              操り人形
              赤い瞳のウサギ

              夢見ていて
              何も気づかずに
              夢見る吐息
              穏やかな日差し

              ここには静寂だけが
              ここには愛だけが
              ここには優しい物が
              満たされている

              JUGEMテーマ:コトノハ
              web拍手 by FC2

              素直に信じられれば

              0

                夢見ることを忘れなければ
                いつの日かきっと報われる
                それを素直に信じられればきっと
                この世界は輝いて見えるんだろう

                世界は意外と優しいのに
                その優しさを信じられない私
                たまにしっぺ返しを貰うことはあっても
                大きな傷が残ることはない

                甘い甘いお菓子ではないけれど
                ほのかに甘いそんな世界

                裏切られてばかりじゃないはず
                きっと応えてくれるはず
                だけど私が、私が信じられないだけ

                世界はきっと真っ暗だって
                道はどこかで途切れてるって
                背中を見せればきっと刺されると
                心の何処かで信じきっているだけ

                銃口を向けられたことなんてない
                四肢が欠けてしまったわけでもない
                声が出る音が聞こえる世界が見える

                けして優しくはない、だけど厳しくもない
                世界はいつだって灰色で、混沌としているだけ

                探せば希望もある、未来もある
                多分、きっと、そうなんだろう
                だけどそれを信じることが出来ずに
                後ろを振り返っては恐れ慄いて
                震えた躰を抱きしめている

                絶望だけを感じているようで
                希望をずっと望んでいるようで
                本当は見て見ぬふりをしているだけ

                前に進むことが出来ない
                世界を信じることが出来ない
                私は私を心の底から愛していないから

                JUGEMテーマ:
                web拍手 by FC2

                一滴ずつ

                0

                  一滴ずつ
                  少しずつ
                  だけど確かに確実に

                  何かが
                  何かが
                  私の中に積み重なっていく

                  それが良いことなのか
                  悪いことなのかも分からずに
                  ただそれを眺めているだけ

                  時間がたつのを感じて
                  風が吹くのを感じて
                  夢を見ることを忘れて
                  自分のことを忘れて

                  虚無の空間だけが広がっている
                  そんな場所

                  心の奥底になら
                  何かの答えがあるんじゃないかと願い
                  だけど裏切られ絶望し
                  結局は諦めてしまう
                  弱い私

                  見えない何かが
                  分からない物が
                  頭のなかを支配していく

                  体の中に少しずつ
                  一滴ずつ確実に
                  私を侵していくもの

                  甘い毒のような
                  深い闇のような
                  劇の帳のような
                  救いを与えてくれるもの
                  突き落としてくれるもの

                  この口に含んで飲み下す

                  JUGEMテーマ:
                  web拍手 by FC2

                  わたしはいったいなんのために

                  0

                    辛い 苦しい
                    息が出来ない

                    どうして 今 わたし
                    こんなにも おかしいの

                    もう何日、何週間、何ヶ月
                    苦しんでいるのかもわからない

                    ただ 出口のない迷宮を
                    ぐるぐると ぐるぐると
                    廻り続けている

                    ああ 誰か
                    手を差し伸べて欲しいと
                    思いはするけれど

                    ああ もう
                    声が出ない

                    肺の中に 水が入って来て
                    私の命が 燃え尽きそうになって
                    そこでやっと 楽になれる

                    早く 早く
                    死が訪れないかと
                    朦朧とした 意識の中 思い
                    解放される時を 待つ

                    ここはどこ
                    なぜこんなところで
                    終わりのない苦しみを
                    味わい続けているの
                    わたしは

                    わたしは わたしは
                    わたしは いったい
                    なんのために

                    JUGEMテーマ:
                    web拍手 by FC2

                    あなたと2人内緒の人生

                    0

                      2人の間の内緒の話
                      誰にも教えない秘密の話

                      こそこそこそこそ
                      みんなの知らないところで話し合い

                      くすくすうふうふ
                      ねえこれからどうしよう?

                      愛の逃避行という名の駆け落ち
                      ごっこ遊びでも真剣なのよ

                      寒いところに手に手をとって
                      隠れるように逃げていく

                      長いコート顔を隠すように
                      目配せだけで会話をするの

                      演歌の世界古臭くても
                      ドキドキすれば関係ないわ

                      夜汽車に乗ってトランク一個
                      全てを捨てて新天地

                      あなたと2人内緒の人生
                      誰も知らない2人の未来

                      JUGEMテーマ:
                      web拍手 by FC2

                      ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

                      0

                        ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
                        ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

                        (´Д⊂ モウダメポ
                        (´Д⊂ モウダメポ

                        (:_;)
                        (/_;)
                        (;O;)
                        (;_:)

                        泣いたってしょうがないのに
                        涙が涙が止まらない

                        (T T)
                        (ToT)
                        (TдT)
                        (´Д⊂ヽ

                        もう消えてしまいたい……

                        (´・ω:;.:...
                        (´・:;.:...
                        (´:;.:...
                        (:;.:...

                        塵芥となって消え去ろう

                        JUGEMテーマ:
                        web拍手 by FC2